何度でも失敗できるから続けて遊べる

きみたつメイロは、迷路をつくりながら試行錯誤ができるように、
板を差し込んでから抜いて差し替えられる設計にしています。

子どもたちは最初から迷路のデザインを決める訳ではなく、作って実際に遊んでみて、
また作り直して繰り返して遊びます。

彼らにとっては壮大な実験。

この実験の邪魔をしないように差し抜きがスムーズにできる、
ひと目見ただけで遊びが分かるデザインにこだわりました。

<応用編>
ルールを自作しよう

とある男の子の迷路を覗いてみると、あきらかにゴール出来ない迷路をつくっています。
僕は彼に問います「これ、どうやってゴールするん?」
彼は仕切り板を指差しながら、こう答えます「色付きの板に当たったらワープするねん。」
なるほど、これは難しいしプレイしても面白い。

このように、きみたつメイロはシンプルなデザインであるがゆえに、
子どもたちの発想で新しいルールがたくさん生まれます。
このページでは、その一端をご紹介します。

ふつうのメイロ
むずかしさ:★☆☆

ビー玉一個で進む、オーソドックスな迷路です。
仕切り板を本体に差し込んで、沢山分かれ道を作ってみましょう。
意外と、壁が無い道のほうが難しかったりします。

ワープするメイロ
むずかしさ:★☆☆

特定の色付きの仕切り板に当たると、ビー玉がワープするルールです。
ダミー(にせもの)のワープ仕切り板を設定しても面白い!

ビー玉2個のメイロ
むずかしさ:★★☆

ビー玉2個でスタートして、合流して同時にゴールするとクリアできる迷路です。
両方のビー玉をコントロールしなければならないので、難易度UP!

ビー玉2個のメイロ2
むずかしさ:★★★

ビー玉2個でスタートし、両方のビー玉が特定の色付き板に同時に当たるとゴールへワープするルールです。
2つのビー玉をコントロールするだけで難しいのですが、
同時に色付き板に当てる必要があるので、より難しくなっています。
ひっかけワープを設定するのもオススメ。

購入特典

オンラインストアにてご購入のお客様へプレゼント
『きみたつメイロあそびの手引書』

基本的な遊び方から応用編まで載っている『遊びの手引書』。最後の1ページに至るまで僕たちの想いを込めました。片手にこの一冊を持ちながら遊ぶだけで、きみたつメイロの遊びの幅が一気に広がります。

※きみたつメイロ1台につき1冊プレゼントいたします。

ギフトラッピング

大切な家族や友人へのプレゼントに
きみたつシリーズはいかがですか?

オンラインでのご購入限定で、ギフトラッピングをお付けできます。金色のシールがついたオリジナルデザイン。熨斗やメッセージカードのご対応も致します。

きみたつメイロ