遊びやすさの秘密は、箱にあります。

誰でも取り出しやすくて、誰でもお片付けが楽しくなるデザインを追求しました。
遊び始めるのも、遊び終わるのもストレスフリー
だから、「もう一回遊びたい!」の気持ちを何度でも後押しできます。

どんな向きにしまっても、数がそろう設計

レンガを違う向きにしまっても大丈夫です。
形がそろえば、自然と数が揃う設計になっています。

持てる重さでありつつ、たっぷり収納

全部のレンガを入れてた時の重さは木箱含めて16kg程度なので、女性も持つことができます。
積木の土台となる玩具であるため、
できるだけ沢山入りつつ、持ち運びができる重さを追求しました。

床を傷つけない工夫

室内で引きずっても床に傷がつかないように底板はフェルト生地が貼られています。
地面との隙間がほとんどないので、
子どもたちが隙間にモノを隠しにくいデザインになっています。

取り出しやすい角度

レンガに指がかかるように、底板に角度がついています。
また、天面と前面が空いている構造になっているので、
取り出しがしやすい設計になっています。

移動の時に落ちにくい設計

移動するときレンガが落ちないよう、背面が下がるような角度に底板を設計しています。

きみたつレンガpro