report取材レポート

道場保育園さま[きみたつメイロPRO]

「ルールのない遊び」からコミュニケーションと⾃由な発想が⽣まれた。

イメージ

きみたつメイロPROを導⼊いただいた道場保育園さまのご紹介

⼦どもの旺盛な好奇⼼を受け⽌め応える保育を基本⽅針として掲げる道場保育園様。様々なおもちゃを導⼊されていますが、その中でも、質のいいおもちゃを採り⼊れたい。発想⼒・想像⼒を養 うものや⼦どもたちの⾃発性を育てるものを探していたところ、きみたつメイロに出会いました。あたたかみのある⽊材で作られたおもちゃで、「遊び⽅のルールはない」というところに惹かれ、導⼊を決めました。

イメージ
きみたつメイロに期待したこと

迷路を自作できて、つくり直すこともできる。つまり子どもたちの創意工夫で色々な遊び方が展開できるのではないかと期待しました。無垢のヒノキでできている点も良い印象です。本物の素材を子どもたちが手で触れて質感や重みを感じられるいいおもちゃになってくれると思いました。

イメージ
きみたつメイロを使ってみて年少クラス

はじめ、このおもちゃを渡してみると、板が溝にはまる感覚が心地良いのか、ずっと板をはめる遊びをしていました。迷路をつくる訳でもないのですが、その子その子なりの工夫があるようで、模様を作ったり、とにかく全部はめてみたりと迷路以外の遊びを生み出している印象です。また、お友達も集まってきてみんなで板をはめる遊びをしたりもしています。個人での遊びが集団への遊びへと変わり、お互いを尊重する気持ちも遊びの中で身についていきそうだなと感じました。

イメージ
きみたつメイロを使ってみて年長クラス

長時間、集中して遊ぶ子が多いように感じます。年長クラスになると、ちゃんと迷路を作っているように見受けられます。大人が作るように、ただ枝分かれする迷路だけでなく、ビー玉をジャンプさせないとゴールできない迷路や、色付きの板に当たるとワープする迷路など、自由な発想で迷路をつくっていますね。年長クラスでもお友達同士で集まって、ひとつの迷路をつくったりしていて、色々なルールを子どもたち自身が生み出しています。

実際に遊んでいる姿

イメージ
どのような点が気に入っているか

意⾒を出し合いながらつくる共同作業の中で、⼦ども同⼠のコミュニケーションが活発になるのも気にいっています。あとは、やはり無垢のヒノキで作られている点です。軽すぎず、重すぎず、すべすべしていて少し柔らかい印象のある感触は、本物の木ならではですね。また、ケースがちゃんとあるのもとてもいいです。うまく仕舞えるよう整頓したりピースが⾜りないと⼀⽬瞭然なため、だれでもおかたずけ上⼿になれるところがとても気に⼊っている個所ですね。

イメージ
考える力がついてきた

実は、4歳クラスではきみたつメイロの開封状態を見せただけなんです。遊び方や片付け方は伝えませんでしたが、子どもたちは自由な発想で遊び、片付けも自主的に行っています。「元のキレイな状態に戻す」しまうことでキレイになる気持ちよさが、片付けをする学びにつながっていると感じます。

イメージ
私たちの保育方針に合っていた

遊びの中で、思考⼒や想像⼒を⾝につけることを⽅針として掲げているのですが、きみたつメイロは⽇常遊びの中で、この思考⼒、想像⼒を育みやすいおもちゃだと感じます。遊び⽅のルールがないおもちゃは珍しいですが、基礎的な⼒を養いながら、⼦どもたち同⼠のコミュニケーションも膨らみ、教材としてもおもちゃとしても⼗分に活躍しています。

イメージ
制作者から見た想い、気付き

重さや肌触りにも共感いただけたことには、制作者としてこだわった部分なので、とてもうれしく思います。また、収納ケースは思った以上に喜んでくれていることに驚きでした。何よりきみたつメイロで遊んでくれる⼦どもたちの真剣なまなざしが実際に⾒られ、また、⼤切に使ってくれていることに感激しました。